研究成果の発表状況(2012年)

学術論文(英文)

1) Ogawa T, Suzuki T, Sakamoto M, Watanabe M, Tateda Y, Oshima S, Kobayashi T, Shiga K: Correct diagnosis of Warthin tumor in the parotid gland with dynamic MRI. Tohoku J Exp Med 227(1):53-57.2012
2) Shiga K, Ogawa T, Katagiri K, Yoshida F, Tateda M, Matsuura K, Kobayashi T: Differences between oral cancer and cancers of the pharynx on a molecular level. Oncol Lett 2012 Jan;3(1):238-243.2012
3) Ogawa T, Saiki Y, Shiga K, Chen N, Fukushige S, Sunamura M, Nagase H, Hashimoto S, Matsuura K, Saijo S, Kobayashi T, Horii A: miR-34a is downregulated in cis-diammineddichloroplatinum treated sinonasal squamous carcinoma patients with poor prognosis. Cancer Sci 103:1737-1743.2012
4) Masuda M, Kanzaki S, Minami S, Kikuchi J, Kanzaki J, Sato H, Ogawa K: Correlations of inflammatory biomarkers with the onset and prognosis of idiopathic sudden sensorineural hearing loss. Otol Neurotol 33:1142-1150.2012
5) Shiga K, Ogawa T, Kobayashi T, Ueda S, Kondo A, Nanba A, Kuwashima S, Asada Y, Suzuki S, Nagahashi T, Takahashi M, Suzuki M, Ishida A, Watanabe K, Harabuchi Y, Himi T, Shinkawa H, Sato H, Saijo S, Fukuda S, Tanaka K,Ishikawa K, Omori K, Aoyagi M, Hashimoto S: Malignant melanoma of the head and neck: a multi-institutional retrospective analysis of cases in Northern Japan. Head Neck 34(11):1537-1541.2012
6) Kohima I, Sakamoto M, Watanabe M, Takahashi S, Mugikura S, Shiga K, Iikubo M, Yamamura John M, Sasano T: Difficulty of the differential diagnosis of basal cell adenoma and basal cell adenocarcinoma of parotid gland by magnetic resonance imaging: case reports and literature review. Oral Radiol 28:24-31.2012
7) Shiga K, Katagiri K, Nakanome A, Ogawa T, Kobayashi T: Management of Early-Stage Tongue Cancer. Oral Cancer 14:267-276.2012

 

学術論文(和文)

1) 福田宏治、佐藤宏昭:耳管通気によるトラブル. 特集 日常診療で遭遇するトラブルへの対応.耳鼻咽喉科・頭頸部外科.84(1):15-20(2012)
2) 佐藤宏昭:内耳疾患に対する鼓室内注入療法. 日耳鼻 専門医通信.115:46-47(2012)
3) 大塚尚志、佐藤宏昭:耳硬化症. 特集 耳鼻咽喉科疾患の病態と診断・治療(Ⅰ)医学と薬学.67(3):357-363(2012)
4) 松原 篤、西澤尚徳、新川秀一、本田耕平、石川和夫、佐藤宏昭、太田伸男、鈴木祐輔、青柳 優、大島猛史、中谷和宏、小林俊光、小川 洋、三浦智広、大森孝一:通年性アレルギー性鼻炎に対するモメタゾン点鼻薬単独投与の効果-第2世代抗ヒスタミン薬投与で効果が不十分な症例での切り替え試験-.耳鼻と臨床.58(2):89-95(2012)
5) 舘田 勝、川岸和朗、桑島 秀、佐藤宏昭:喉頭軟骨肉腫の1症例.喉頭.24(1):34-38(2012)
6) 水川敦裕、佐藤宏昭:急性低音障害型感音難聴.特集 急性感音難聴の最新治療戦略 JOHNS.28(5):772-774(2012)
7) 亀井昌代、佐藤宏昭、小田島葉子:デジタル補聴器の機能における語音明瞭度と主観評価の比較研究. 耳鼻臨床.105(7):617-622(2012)
8) 岩崎 聡、吉村豪兼、武市紀人、佐藤宏昭、石川浩太郎、加我君孝、熊川孝三、長井今日子、古屋信彦、池園哲郎、中西 啓、内藤 泰、福島邦博、東野哲也、君村 隆、西尾信哉、工  穣、宇佐美真一:Usher症候群の臨床的タイプ分類の問題点.耳鼻咽喉科学会会報.115(10):894-901(2012)
9) 志賀清人:特集 高齢化社会と耳鼻咽喉科 老人性疾患の予防と対策 頭頸部癌.JOHNS.28(9):1386-1388(2012)
10) 志賀清人、川瀬哲明、小林俊光:化学放射線治療を第一選択とする聴器癌の治療.Otol Jpn 22(2):849-854(2012)

 

総論

4) 米本 清、亀井昌代:Q28 補聴器の種類による適応の差は? 2012年9月増刊号 特集・補聴器に関するQ&A?診療所における対応? 5.その他 ENTONI 全日本病院出版会 東京 144:142-144(2012)

 

その他

1) 佐藤宏昭、水川敦裕、川岸和朗、工藤與亮:7T-MRIによる内耳動脈描出の検討.厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)急性高度難聴に関する調査研究班 平成23年度研究報告書 86-87(2012)
2) 佐藤宏昭、大塚尚志、嶋本記里人、桑島 秀:老人性難聴におけるSirt3遺伝子多型の検索.厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)急性高度難聴に関する調査研究班 平成23年度研究報告書 63-64(2012)
3) 佐藤宏昭、小林有美子:アッシャー症候群に関する調査研究.厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)Usher症候群に関する調査研究班 平成23年度総括・分担研究報告書 39-41(2012)
4) 佐藤宏昭、小林有美子:優性遺伝形式をとる難聴に関する研究. 厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)優性遺伝形式をとる遺伝性難聴に関する調査研究班 平成23年度総括・分担研究報告書 96-97(2012)

 

著書(和文)

1) 桑島 秀、佐藤宏昭:疫学. 14.急性低音障害型感音難聴 耳鼻咽喉科日常診療スーパーガイド 3巻 急性難聴の鑑別とその対処法 中山書店.東京.194-197(2012)
2) 桑島 秀、佐藤宏昭:最適な治療法は何か? 14.急性低音障害型感音難聴 耳鼻咽喉科日常診療スーパーガイド 3巻 急性難聴の鑑別とその対処法 中山書店.東京.213?216(2012)

研究成果の発表状況(2011年)

学術論文(英文)

1) Yamazaki K, Sato H, Ishijima K, Abe T, Ishikawa K: A case of hemodialysis -associated amyloidosis localized to the external auditory canal. Auris Nasus Larynx 38(2):295-299.2011
2) Chiba T, Kudara N, Abiko Y, Endo M, Suzuki K, Sugai T, Ishijima K, Yamazaki K, Sato H: Effects of proton pump inhibitors in patients with larynogopharyngeal reflux disease. Hepatogastroenterology 58:1580-1582.2011
3) Machida S, Ohguro H, Suzuki M, Tateda M, Sugai T, Sato H, Kurosaka D: Melanoma-assosiated retinopathy associated with intranasal melanoma. Documenta Opthalmologica 122(3):191-197.2011
4) Tateda M, Yokoyama T, Mizukawa A, Katori Y, Sato H: Introduction of new laryngeal closure methods for intractable aspiration impaired. Japanese Clinical Medicine 2:53-55.2011
5) Shimamoto K, Ohtsuka H, Nakayashiki N: Sequence variation at position 961 of the mitochondrial 12SrRNA gene in patients with presbycusis. J Iwate Med Assoc 63(5):307-316.2011
6) Shiga K, Ogawa T, Maki A, Amano M, Kobayashi T: Concomitant chemo-radiotherapy as a standard treatment for squamous cell carcinoma of the temporal bone. Skull Base 21:153-158.2011
7) Ogawa T, Matsuura K, Shiga K, Tateda M, Katagiri K, Kato K, Saijo S, Kobayashi T: Surgical treatment is recommended for advanced oral squamous cell carcinoma. Tohoku J Exp Med 223:17-25.2011
8) Shiga K, Tateda M, Katagiri K, Nakanome A, Ogawa T, Asada Y, Kato K, Kobayashi T: Distinct Features of Second Primary Malignancies in Head and Neck Cancer Patients in Japan. Tohoku J Exp Med 225:5-12.2011
9) Saiki Y, Ogawa T, Shiga K, Sunamura M, Kobayashi T, Horii A: A Human Head and Neck Squamous Cell Carcinoma Cell Line with Acquired cis-Diamminedichloroplatinum-Resistance Shows Remarkable Upregulation of BRCA1 and Hypersensitivity to Taxane. Int Journal of Otolaryngology Volume 2011(2011), Article

 

学術論文(和文)

1) 亀井昌代、佐藤宏昭、*米本 清、*小田島葉子、*村井和夫:環境音によるデジタル補聴器適合評価に関する検討.Audiology Japan.54(2):153-161(2011)
2) 佐藤宏昭:鼓室内注入による内耳へのステロイド移行に関する基礎研究.Otol Jpn.21(2):157-160(2011)
3) 福田宏治、佐藤宏昭:モラクセラカタラーシス. Ⅱ-1. 細菌・原虫感染症 特集 耳鼻咽喉科感染症の完全マスター.耳鼻咽喉科・頭頸部外科.83(5)増刊号:91-95(2011)
4) 志賀清人、小川武則、加藤健吾、天野雅紀、牧 敦子、鈴木貴博、佐藤宏樹、川瀬哲明、小林俊光:乳突削除-顔面神経高位切断法を用いた拡大耳下腺全摘術の検討. 頭頸部外科.21:79-83(2011)
5) 志賀清人、小川武則、加藤健吾:当科における喉頭全摘術後の合併症の検討.喉頭.23(1):22-25(2011)
6) 水川知子、水川敦裕、松岡るみ子、佐藤宏昭、小林有美子、村井盛子、宍戸 潔、草野英昭:小児のムンプス難聴の臨床的検討.小児耳.32(3):364-371(2011)
7) 福田宏治、*佐藤尚徳、*渡邉聡哉、*久保直彦、*小原智子、*野崎有一、佐藤宏昭:小脳梗塞による急性感音難聴2例に対するステロイド治療.耳鼻咽喉科・頭頸部外科.82(9).585-590(2010)

 

総論

1) 佐藤宏昭:耳管通気はどのような疾患に有効か? 耳閉塞感・自声強調. Ⅰ.耳 耳鼻咽喉科診療 私のミニマムエッセンシャル ENTONI誌10周年記念書籍 全日本病院出版会 東京 61-62(2011)
2) 佐藤宏昭:耳閉感の訴えをどう識別するか? 耳閉塞感・自声強調. Ⅰ.耳 耳鼻咽喉科診療 私のミニマムエッセンシャル ENTONI誌10周年記念書籍 全日本病院出版会 東京 63-64(2011)
3) 佐藤宏昭:耳管狭窄と耳管開放症はどう識別するか? 耳閉塞感・自声強調. Ⅰ.耳 耳鼻咽喉科診療 私のミニマムエッセンシャル ENTONI誌10周年記念書籍 全日本病院出版会 東京 65-66(2011)
4) 志賀清人、日高浩史:頭頸部悪性腫瘍の初期症状とその対応 難聴・眩暈・耳痛. MB ENT 128:27-32(2011)

 

その他

1)佐藤宏昭、福田宏治:ステロイド依存性難聴-岩手医科大学における長期経過観察例の検討-. 厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)ステロイド依存性感音難聴の新しい診断法と診断基準に関する検討研究班 平成22年度研究報告書 16-19(2011)
2)宇佐美真一、小川 郁、岡本牧人、喜多村 健、暁 清文、佐藤宏昭、中島 務、福島邦博、福田 諭、水田邦博、山岨達也、鬼頭良輔、西尾信哉、工  穣:難治性内耳疾患の遺伝子バンク構築~突発性難聴の遺伝子バンクプロジェクト. 厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)急性高度難聴に関する調査研究班 平成22年度研究報告書 27-32(2011)
3) 小川 郁、宇佐美真一、岡本牧人、喜多村 健、暁 清文、佐藤宏昭、中島 務、福島邦博、福田 諭、水田邦博、山岨達也、井上泰宏、神崎 晶:低音障害型感音難聴に対する単剤治療における共同研究. 厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)急性高度難聴に関する調査研究班 平成22年度研究報告書 38-41(2011)
4) 佐藤宏昭、 水川敦裕、中里龍彦:造影3T-MRIによる内耳動脈の検討. 厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)急性高度難聴に関する調査研究班 平成22年度研究報告書 80-82(2011)
5) 佐藤宏昭、小川 郁、宇佐美真一、大塚尚志、菊池 淳:突発性難聴における酸化ストレスの検討-多施設共同研究の集計結果について-. 厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)急性高度難聴に関する調査研究班 平成22年度研究報告書 42-47(2011)
6) 佐藤宏昭:急性低音障害型感音難聴の診断基準改定案について. 厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)急性高度難聴に関する調査研究班 平成22年度研究報告書 50-53(2011)
7) 佐藤宏昭、小林有美子:優性遺伝形式をとる症候群性難聴の2症例. 厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)優性遺伝形式をとる遺伝性難聴に関する調査研究班 平成22年度研究報告書 39-41(2011)
8) 佐藤宏昭:岩手医大におけるアッシャー症候群調査研究の収集症例の検討. 厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)Usher症候群に関する調査研究班 平成22年度研究報告書 25-27(2011)

 

著書(和文)

1) 苫米地牧子、中里龍彦、佐藤宏昭:頭蓋骨類上皮腫. 8)骨腫瘍 第2章脳腫瘍 頭部画像診断パーフェクト 羊土社.東京.222-223(2011)
2) 苫米地牧子、中里龍彦、佐藤宏昭:Langhans細胞組織球症. 8)骨腫瘍 第2章脳腫瘍 頭部画像診断パーフェクト 羊土社.東京.232-233(2011)
3) 大塚尚志:アベリス症候群. 1.脳神経・筋領域の疾患群 13 症候群ハンドブック.中山書店.東京.44(2011)
4) 大塚尚志:ブヨルンスタッド症候群. 1.耳鼻科領域の疾患群 1 症候群ハンドブック.中山書店.東京.621(2011)
5) 志賀清人:第5章 主要な疾患 F 頭頸部領域 3.頸部腫瘤. 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 研修ノート 診断と治療社.東京.315-319(2011)

研究成果の発表状況(2010年)

学術論文(英文)

1) Fukuda K, Yamazaki K, Ishijima K, Sato H: Nasopharyngeal acid reflux in patients with chronic otitis media evaluated by three-channel 24-hour pH monitoring. Proceeding of the 6th Extraordinary International Symposium on Recent Advance in Otitis Media, 157-160, Medimond Publication, Bologna, Italy, 2010

 

学術論文(和文)

1) 大塚尚志、大塚千久美、米澤久司、舘田 勝、石島 健、佐藤宏昭:回転性めまいを主訴とした脳表ヘモジデリン沈着症例.耳鼻臨床.103(1).9-13(2010)
2) 石島 健:上半規管裂隙症候群.耳・側頭骨 特集 耳鼻咽喉・頭頸部画像アトラス.JOHNS.26(3).352-353(2010)
3) 小林有美子、佐藤宏昭、*岩井詔子、*村井盛子、*宇佐美真一:当科小児難聴外来の過去10年間における遺伝学的検査の検討.Audiology Japan.53(3).192-198(2010)
4) 菊池 淳、大塚尚志、桑島 秀、舘田 勝、石島 健、佐藤宏昭:当科における中咽頭癌の治療成績.耳鼻咽喉科展望.53(補1).14-115(2010)
5) 舘田 勝、桑島 秀、横山哲也、佐藤宏昭:ボイスプロステーシスの実際.音声言語.51(3).266-268(2010)
6) 福田宏治、*佐藤尚徳、*渡邉聡哉、*久保直彦、*小原智子、*野崎有一、佐藤宏昭:小脳梗塞による急性感音難聴2例に対するステロイド治療.耳鼻咽喉科・頭頸部外科.82(9).585-590(2010)
7) 佐藤宏昭:外耳と耳垢 53.外耳炎と中耳炎はどう違うのですか? “お母さんへの回答マニュアル耳鼻咽喉科 Q&A2010”.JOHNS.26(9).1348-1349(2010)
8) *山﨑一春、石島 健、佐藤宏昭:外傷性鼓膜穿孔に関する臨床的検討.日耳鼻.113(8).679-686(2010)
9) 佐藤宏昭:急性低音障害型感音難聴をめぐる諸問題(総説).Audiology Japan.53(4).241-250(2010)
10) *中田吉彦、石島 健、佐藤宏昭:頭部外傷後の15年後に発症した遅発性外傷性髄液鼻漏例.耳鼻臨床.103(増).13-19(2010)
11) 福田宏治、佐藤宏昭:マイコプラズマ感染症. 6.その他の感染症 感染症-最近の話題-.JOHNS.26(11).***-***19(2010)
12) 桑島 秀、佐藤宏昭:突発性難聴. 外来診療のインフォームドコンセント-ムンテラをどうする!?-.JOHNS.26(12).***-***(2010)

 

その他

1)佐藤宏昭:急性低音障害型感音難聴の診断規準.厚生労働省特定疾患 急性高度難聴調査研究班 平成21年度研究報告書 24-28(2010)
2)*宇佐美真一、*工  穣、*鬼頭良輔、*西尾信哉、*小川 郁、*渡辺行雄、*喜多村 健、*中島 務、*岡本牧人、*暁 清文、*福田 諭、佐藤宏昭、*山岨達也、*福島邦博、*水田邦博、*池園哲郎、*伊藤壽一、*柿木章伸、*肥塚 泉、*鈴木 衞、*高橋克昌、*工田昌也、*武田憲昭、*土井勝美、*山下裕司、*高橋正紘、*青木光広、*長沼英明:難治性内耳疾患の遺伝子バンク構築研究.厚生労働省特定疾患 急性高度難聴調査研究班 平成21年度研究報告書 39-45(2010)
3) 佐藤宏昭、菊池 淳、山﨑一春、大塚尚志:急性感音難聴における酸化ストレスの検討-参加3施設の集計結果について-.厚生労働省特定疾患 急性高度難聴調査研究班 平成21年度研究報告書 46-49(2010)
4) *小川 郁、佐藤宏昭、*井上泰宏、*神崎 晶、*南 修司郎、*渡部高久:突発性難聴における血清サイトカイン値と聴力予後に関する検討.厚生労働省特定疾患 急性高度難聴調査研究班 平成21年度研究報告書 50-51(2010)
5) *小川 郁、*宇佐美真一、*岡本牧人、*喜多村 健、*暁 清文、佐藤宏昭、*中島 務、*福島邦博、*福田 諭、*水田邦博、*山岨達也、*井上泰宏、*神崎 晶:低音障害型感音難聴に対する単剤治療における共同研究.厚生労働省特定疾患 急性高度難聴調査研究班 平成21年度研究報告書 52-55(2010)
6) 佐藤宏昭、 水川敦裕、桑島 秀、中里龍彦:急性低音障害型感音難聴における前庭水管発育の検討.厚生労働省特定疾患 急性高度難聴調査研究班 平成21年度研究報告書 63-65(2010)

 

著書(和文)

1) 佐藤宏昭:耳痛 3.頭部・顔面の症候.今日の診断指針-第6版-.医学書院.東京.193-194(2010)
2) 石島 健:鼓膜炎 25.耳鼻咽喉科疾患 今日の治療指針 2010年度版(52巻).医学書院.東京.1196-1197(2010)
3) 佐藤宏昭:12.薬剤性難聴. X.感音難聴 よくわかる聴覚障害-難聴と耳鳴のすべて-.永井書店.東京.224-230(2010)
4) 佐藤宏昭:57-S 語表、67-S 語表、ピッチ・マッチテスト. 耳鼻咽喉科学用語解説集 日本耳鼻咽喉科学会編 金芳堂.京都.198、434、532(2010)

研究成果の発表状況(2009年)

学術論文(英文)

1) Yamazaki K, Sato H, Kamei A, Akasaka M: Idiopathic cerebrospinal fluid leakage from a patent fallopian canal involving arachnoid cyst in an infant: A case report. International Journal of Pediatric Otorhinolaryngology Extra.4.105-110(2009)
2) Oikawa H, Nakamura R, Nakasato T, Nishimura K, Sato H, Ehara S: Radiotherapy and concomitant intra-arterial docetaxel combined with systemic 5-fluorouracil and cisplatin for oropharyngeal cancer:A preliminary report_improvement of locoregional control of oropharyngeal cancer. Int.J.Radiation Oncology Biology.Physics.75(2).338-342(2009)
3) Sato H, Fukuda k, Mizukawa A, Nakasato T, Uesugi N: Labyrinthine cyst arising in a longstanding cavity after a canal wall down mastoidectomy. The Open Otorhinolaryngology Journal.3.30-33(2009)
4) Nakayashiki N, Takamiya M, Shimamoto K, Aoki Y, Hashiyada M: Investigation of the methylation status around parent-of-origin detectable SNPs in imprinted genes. Forensic Science International: Genetics 3.227-232(2009)

 

学術論文(和文)

1) *鈴木 淳、舘田 勝、*長谷川純、*嵯峨井俊、片桐克則、*石田英一、*小林俊光:地方中核病院(福島県いわき市)における喉頭癌の臨床的検討.耳鼻咽喉科・頭頸部外科.81(2).119-123(2009)
2) 石島 健:4.口腔咽頭喉頭疾患 3)梨状窩瘻.耳鼻咽喉科・頭頸部外科.81(4).309-313(2009)
3) 菊池 淳、大塚尚志、山﨑一春、佐藤宏昭:突発性難聴における酸化ストレスの検討.Audiology Japan.52.106-111(2009)
4) 舘田 勝、小田真琴、片桐克則、佐藤宏昭:細菌学的診断が困難であった上咽頭結核の1例.日本口腔・咽頭科学会雑誌.22(2).137-142(2009)
5) 佐藤宏昭:内耳手術-人工内耳によるコミュニケーション- 成人の人口内耳の適応と手術.財団法人長寿科学振興財団.99-104(2009)
6) *角田梨紗子、舘田 勝、*長谷川純、*嵯峨井俊、片桐克則、*石田英一、*小山 敦、*中目亜矢子、*小林俊光:地方中核病院における気道異物症例の検討-とくに耳鼻咽喉科受診17例と三次救急搬送62例の検討-.日耳鼻.112(10).705-711(2009)
7) 大塚尚志、嶋本記里人、*西村幸司、鈴木正道、山﨑一春、石島 健、菅井 有、佐藤宏昭:耳下腺唾液腺導管のう胞の2例.耳鼻臨床.102(11).951-955(2009)
8) 水川敦裕、佐藤宏昭:特集・予防医学からみた耳鼻咽喉科臨床 予防医学からみた音響外傷、騒音性難聴.JOHNS.25(12).1731-1733(2009)

 

その他

1) 佐藤宏昭:成人の人工内耳の適応と手術. 内耳手術-人工内耳によるコミュニケーション- 高齢難聴者のケア 平成21年度長寿科学研究業績集(Advances in Aging and Health Research 2009)89-94(2009)
2) 佐藤宏昭、山﨑一春、桑島 秀、菊池 淳:急性感音難聴における酸化ストレスの検討.厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 急性高度難聴に関する調査研究 平成20年度総括・分担研究報告書 55-57(2009)
3) 佐藤宏昭、水川敦裕、桑島 秀:海外における突発性難聴の診断基準とALHLのオーバーラップについて.厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 急性高度難聴に関する調査研究 平成20年度総括・分担研究報告書 98-99(2009)

 

著書(和文)

1) 石島 健:外耳炎・外耳道湿疹.25.耳鼻咽喉科疾患 今日の治療指針2009年版(51巻)医学書院.東京.1086-1087(2009)

研究成果の発表状況(2008年)

学術論文(英文)

1) Tateda M, *Hasegawa J, *Sagai S, *Nakanome A, *katagiri K, *Ishida E, *Kanno R, *Hasegawa T, *Kobayashi T:Nonrecurrent Inferior Laryngeal Nerve Without Vascular Anomaly as a Genuine Entity.Tohoku J.Exp.Med.216.133-137(2008)

 

学術論文(和文)

1) 亀井昌代、大河由佳、*小田島葉子、佐藤宏昭、*村井和夫、*米本 清:音場における語音聴力検査の検討-検査語音による相違について-.Audiology Japan.51.69-76(2008)
2) 水川敦裕、水川知子、佐藤宏昭:当科における急性低音障害型感音難聴-18年間の臨床統計-.Audiology Japan.51.112-116(2008)
3) *西村幸司、佐藤宏昭、*小林誠一郎:外側側頭骨切除後の後耳介皮弁による再建.耳鼻臨床.101(5).340-341(2008)
4) 石島 健:口唇嚢胞摘出術.耳鼻咽喉科・頭頸部外科.80(5).151-153(2008)
5) 佐藤宏昭:特集 社会の変化と耳鼻咽喉科 日常生活環境の変化 職業性難聴の変化.JOHNS.24(6).932-934(2008)
6) *川島慶之、佐藤宏昭、*岡本牧人、*福田 諭、*小川 郁、*宇佐美真一、*岩崎 聡、*中島 務、*暁 清文、*福島邦博、*野口佳裕、*喜多村健:平成12・13年度登録の急性低音障害型感音難聴症例の平成19年時点での経過調査(厚生労働科学研究難治性疾患克服研究事業による急性高度難聴に関する調査研究).Audiology Japan.51.200-207(2008)
7) *福田宏治:慢性中耳炎症例における上咽頭酸逆流-3チャンネル24時間pHモニタリングによる検討-.Otol Jpn.18(2).113-119(2008)
8) 佐藤宏昭:特集・補聴器と人口内耳-最近の進歩と将来展望- 人工内耳の最新知見 成人の人口内耳の適応と手術.JOHNS.24(9).1456-1460(2008)

 

その他

1) *福田宏治、*渡邉聡哉、*門間信博、横山哲也:鼻中隔に発生した田形腺腫の一例.盛岡赤十字病院紀要.17(1).13-17(2008)
2)佐藤宏昭、水川敦裕、山﨑一春、中里龍彦:造影3T-MRIによる内耳動脈の検討.厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 急性高度難聴に関する調査研究 平成19年度総括・分担研究報告書 30-32(2008)
3)佐藤宏昭、菊池 淳、大塚尚志、山﨑一春:急性感音難聴における酸化ストレスの検討.厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 急性高度難聴に関する調査研究 平成19年度総括・分担研究報告書 36-39(2008)

志賀 清人

専門分野

頭頸部外科/頭頸部腫瘍の基礎と臨床

 

加盟学会等
  • 日本耳鼻咽喉科学会(専門医、専門研修指導医)
  • 日本外科学会(専門医、指導医)
  • 日本癌治療学会
  • 日本気管食道科学会(専門医)
  • 日本頭頸部外科学会(頭頸部がん専門医)
  • 日本頭頸部癌学会
  • 日本喉頭科学会
  • 日本口腔・咽頭科学会
  • 日本嚥下医学会
  • 日本頭蓋底外科学会
  • 日本家族性腫瘍学会
  • 日本人類遺伝学会
  • 日本超音波医学会
  • 日本乳腺甲状腺超音波医学会
  • 日本内分泌外科学会
  • 日本耳科学会
  • 日本鼻科学会
  • 日本がん治療機構がん治療認定医
  • American Society of Clinical Oncology,
  • American Institute of Ultrasound in Medicine

片桐 克則

専門分野

頭頸部外科/音声外科学/嚥下障害の臨床

 

加盟学会等
  • 日本耳鼻咽喉科学会(専門医、専門研修指導医)
  • 日本癌治療学会
  • 日本気管食道科学会
  • 日本頭頸部外科学会(頭頸部がん専門医)
  • 日本喉頭科学会
  • 日本口腔・咽頭科学会
  • 日本嚥下医学会
  • 日本音声言語医学会
  • 日本乳酸菌学会
  • 日本がん治療機構がん治療認定医

齋藤 大輔

専門分野

頭頸部外科/頭頸部超音波診断

 

加盟学会等
  • 日本耳鼻咽喉科学会(専門医、専門研修指導医)
  • 日本外科学会(専門医)
  • 日本癌治療学会
  • 日本頭頸部癌学会
  • 日本頭頸部外科学会(頭頸部がん専門医)
  • 日本気管食道科学会(専門医)
  • 日本超音波医学会(専門医)
  • 日本がん治療機構がん治療認定医